スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春闘 首相「定昇難しい」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は26日夜、今年の春闘で、連合が定期昇給の確保を求めていることについて、「連合のお考えは理解できるが、現在の経済状況はそう簡単ではない。経営者の皆さんにとって、簡単に昇給できる状況ではないと思う」と語り、定昇凍結を視野に入れている経営側に一定の理解を示した。首相官邸で記者団に語った。

【関連記事】
トヨタ労組が5年ぶりにベア要求見送り
鳩山首相はどっちの味方? 10春闘で「昇給簡単ではない」
日銀“楽観シナリオ”に危うさ 原材料高・内需不足のダブルパンチ懸念
労使首脳の懇談会、古賀連合会長が定昇維持を強く要求
春闘、組織率アップと定昇死守のジレンマ

県庁に夜の“侵入者”、ひさしに身動きとれず(読売新聞)
言葉が軽い=「斟酌の理由ない」発言-自民幹事長(時事通信)
鈴木宗男氏、検察と法相を批判(産経新聞)
首相の株売却資料提出、参院予算委理事会任せに(産経新聞)
<パトカー事故>無免許バイクと衝突 高校生2人重傷 愛知(毎日新聞)
スポンサーサイト

鳥取不審死、36歳女を殺人容疑で逮捕へ(読売新聞)

 鳥取県内で男性が相次いで不審死した事件で、鳥取市内の摩尼(まに)川で遺体で見つかった同市の電気工事業円山秀樹さん(当時57歳)について、県警は窃盗容疑などで逮捕した同市の元スナックホステスの女(36)が水死させた疑いが強まったとして、28日に殺人容疑で逮捕する方針を固めた。

 同居の元自動車販売会社員の男(46)(窃盗容疑で逮捕)の関与も調べる。

 捜査関係者らによると、円山さんは昨年10月6日朝、電話で呼び出され、家族に「集金に行く」と告げて車で外出。翌7日昼、同市の摩尼川で遺体で見つかった。

 カーナビの記録から、円山さんは女らのアパート周辺に立ち寄り、摩尼川に行ったことを確認。遺体から検出された睡眠導入剤の成分も、女が持ち歩いていた薬と一致した。こうした状況から、県警は、女が円山さんに薬を飲ませた後、川に連れて行って水死させた可能性が高いと判断した。女と男は、円山さんから購入した家電の代金約142万円の支払いを滞らせており、県警は代金を巡るトラブルがあったとみている。

3.9%減の過去最悪に=09年雇用者報酬-デフレや非正規拡大で(時事通信)
<臨場率>21年ぶり2割超 検視官増員で効果(毎日新聞)
JR福知山線ATSトラブル(産経新聞)
<足利事件>92年12月7日の地検聴取テープ(3)(毎日新聞)
携帯充電器マルチで逮捕へ=虚偽説明で解約妨害-大阪府警(時事通信)

<札幌女性殺害>防犯カメラに不審な男 被害者追い横切る(毎日新聞)

 札幌市北区百合が原の道路脇で兵庫県西宮市、無職、杉本稲子さん(72)が他殺体で見つかった事件で、杉本さんが18日早朝に現場近くのコンビニエンスストアで買い物をした直後に、黒っぽい格好をした男が杉本さんを追うようにコンビニ前を横切る姿が店の防犯カメラに映っていたことが21日、分かった。北海道警はカメラの画像を解析し、事件との関連を調べている。

 道警によると、杉本さんは18日早朝、日課の散歩に出掛け、同日午前5時28分ごろ、遺体発見現場から約150メートル離れたコンビニで買い物をした。道警が防犯カメラの画像を調べたところ、杉本さんが店を出た約2分後、店の出入り口の前を杉本さんが立ち去ったのと同じ方向に向かって通り過ぎる男の姿が映っていたという。当時の店員は「店内には杉本さんとすれ違いで入ってきた女性客1人だけで、店外の人には気付かなかった」と説明しているという。

 このほかにも現場近くで、男性会社員が杉本さんらしき女性のすぐ後ろを歩く不審な男を目撃したとの情報もあり、道警で関連を調べている。杉本さんの腹などには複数の刺し傷があったが、腕には刃物で襲われた際などに争ってできる防御創がほとんどなく、現場周辺では18日朝に叫び声を聞いた人もいないという。道警は背後などからいきなり襲われ、抵抗する間もなく殺害されたとみている。

 現場から数百メートル離れた場所では、杉本さんがコンビニで購入した日本酒と同じ種類の紙パックが空の状態で2個見つかっており、道警でストローなどについた粘膜のDNA鑑定を進めている。【円谷美晶、和田浩幸】

【関連ニュース】
女性殺害:72歳朝の散歩帰り 道路脇で雪に埋まり 札幌
殺人:道路脇の雪の中に72歳女性他殺体--札幌
札幌・女性遺体:殺人と断定 捜査本部を設置
札幌:雪に埋まった女性の変死体見つかる

小沢事務所あて金属弾、ライフル実弾と判明(読売新聞)
「マンション投資より儲かる」携帯電話充電器マルチ商法(産経新聞)
社会福祉法人、「加算取得に医療法人と差」―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)
「斟酌の理由ない」に反発=沖縄出身議員(時事通信)
陸山会事件、党は調査せず=不動産所有「倫理の問題」-鳩山首相(時事通信)

海賊巧妙化 厳戒アデン湾 海自派遣部隊、活動公開(産経新聞)

 アフリカ・ソマリア沖で海賊対処にあたる海上自衛隊の派遣部隊は護衛・警戒活動をこのほど、日本人記者団に公開した。警戒監視のスキを突いて出没し、巧妙化する海賊。欧州からスエズ運河を通り、紅海を経てインド洋へと抜ける海上交通路(シーレーン)は、一瞬たりとも気の抜けない海域だった。(ジブチ 大谷次郎)

 ■“空の番人”定着

 副操縦士「10時方向!」

 操縦士「あれか…」

 副操縦士「その後ろ、11時方向にも」

 機上整備員「ダウ船のようです」

 海賊船を空から監視する哨戒機P-3Cのコックピットは、拠点とするジブチ空港を飛び立った直後から緊迫した。操縦士の佐々木博行1等海尉は一気に高度を下げ、機体を大きく左に旋回させた。

 長さ20メートルほどの木造のダウ船には15人もの男たちが乗っていた。ただ、海賊船の特徴である大型商船に乗り移るためのハシゴは見あたらない。速度、針路などの情報も集められた。海賊船ならば、速やかに付近を航行している船舶に注意を促す必要がある。一秒を争う作業だ。

 漁船-。機長の大坪敏文1等海尉は断定した。しかし安堵(あんど)している暇はない。P-3Cは高度を上げ、再び監視態勢に入った。

 海自P-3Cによる海賊船の警戒監視は、派遣されて以降、126回(飛行時間約980時間)に達している。

 「何か情報はありますか?」。上空にP-3Cを確認した洋上の他国艦艇から無線が入る。短いやり取りで情報交換する。P-3Cはアデン湾の“空の番人”として、すっかり定着していた。

 ■漁船に紛れ武装

 離陸して約2時間。眼下に広がるアデン湾に、ジブチ港を出港した海自護衛艦「はまぎり」(艦長・斎藤貴2等海佐、海自大湊基地)の姿がみえた。約12ノットの速度で東北東に針路をとっている。

 後ろを追いかけるようにタンカーなどの大型商船が7隻。約1マイル(約1・8キロメートル)間隔を保ったまま2列縦隊で進む。最後尾には護衛艦「たかなみ」(艦長・沢口和彦2等海佐、横須賀基地)がいた。護衛艦は、アデン湾を通る商船に船団を組んでもらい、前後を挟む形で護衛している。

 アデン湾は年間約2万隻の船舶が行き交う。日本関係船舶はそのうち約1割に達する。この海域で平成20年から海賊が横行し、年間111件もの海賊被害が発生。昨年(10月現在)は169件にのぼった。最近は機関銃やロケット砲などで武装するケースも目立つ。漁船に紛れて、気配を消す巧妙さもある。

 「一瞬でもスキを見せたら、襲われてしまう。護衛対象船に海賊は指1本触れさせない」。水上部隊を束ねる第4護衛隊司令、中畑康樹1等海佐は出港前、こう語っていた。

 ■他海軍へ存在感

 海賊は昨年後半から、アデン湾だけでなく、ソマリアの東側沖合にまで活動エリアを拡大させ始めた。「ソマリア沿岸から1000マイル以上離れた海域で海賊事件が起きている」(中畑1佐)ため、各国海軍の監視も手薄になりがちだ。

 また、海自護衛艦による護衛船団は1度に3~4隻だったものが、昨年7月以降は平均で約9隻に増加。1度に16隻を護衛することもあり、任務の難しさは増している。

 「貴艦が護衛中の船団周辺に不審船の情報はない。引き続き互いに情報交換を密にしましょう」

 P-3Cは船団の上空を大きく2~3度、旋回すると再び高度を上げた。小さくなっていく護衛艦からは「護衛任務の完遂に全力を尽くします。こちらも小型船舶などの情報はなし」と返信。空のP-3C。海の護衛艦。各国艦隊の中で、その存在はますます重要になっている。

検察官が操作ミス、被害者写真をモニターに表示(読売新聞)
谷垣総裁側近の2人がベテラン議員処遇で対立 (産経新聞)
官房長官、検察リーク「あるような気が…」(産経新聞)
<鮒市>1日限りの市に掛け声響く 佐賀・鹿島(毎日新聞)
<交通安全大会>年間スローガン 内閣総理大臣賞など表彰(毎日新聞)

歌手の浅川マキさん死去=ユニークなライブ活動を展開(時事通信)

 黒装束に身を包んだ独特のライブ活動で知られた歌手の浅川マキさんが公演先の名古屋市内で亡くなっていたことが18日、分かった。67歳だった。所属レコード会社などによると、17日夜、滞在していたホテルで倒れているところを発見され、同市内の病院に搬送されたが、既に死亡していた。死因は急性心不全とみられる。葬儀等の日程は未定。
 石川県白山市出身。高校卒業後に一度就職したものの、その後、歌手を目指して上京。1967年に「東京挽歌(ばんか)/アーメン・ジロー」でデビューした。68年に詩人で劇作家の寺山修司の演出で行ったワンマン公演が評判に。その後はステージを主体とした音楽活動を続け、中でも東京の池袋文芸坐ル・ピリエで毎年大みそかに開催した公演は大きな話題を呼んだ。 

【関連ニュース】
小田実全集、初の電子出版で=来春から刊行
室伏哲郎さん死去=「汚職の構造」のノンフィクション作家
原田康子さん死去=小説「挽歌」がベストセラー
庄野潤三さん死去=家族小説書き続けた「第三の新人」
海老沢泰久さん死去=スポーツ小説で活躍、直木賞作家

店員は柔道経験者…客も連携、コンビニ強盗を逮捕(産経新聞)
総選挙、公正に実施=ミャンマー外相(時事通信)
JR脱線事故 遺族ら検審へ意見書提出決定(産経新聞)
<消防職員>団結権のあり方を協議の検討会を設置 総務省(毎日新聞)
「2010年本屋大賞」ノミネート作発表(産経新聞)

ネット調査 7割「小沢氏、議員辞職を」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件を受け、ヤフージャパンが16日に始めたネット調査の結果、17日午前0時現在、小沢氏の「議員辞職」を望む声が約7割に及んだ。また、小沢氏続投が政権や民主党にとって「マイナスになる」とする意見は約8割を占めた。辞職を望む声は民主党支持者からもあり、小沢氏を“擁護”する鳩山由紀夫首相らの意見と大きく食い違った。

 調査はヤフーが運営するサイト「みんなの政治」や「ヤフーニュース」内で実施。元私設秘書で衆院議員の石川知裕容疑者(36)の逮捕を受け、「小沢氏に望む対応」を聞いたところ、「議員辞職」が71%にあたる1万4316票を集めてトップになった。回答者の支持する政党は「民主党」が22%で「自民党」が26%、「特にない」は40%だった。

 また、「小沢氏続投は政府・民主党にとってプラスかマイナスか」と聞いた質問では、「マイナス」が79%にあたる2万5543票を獲得し、2位の「プラス」(8%)3位の「どちらかというとマイナス」(6%)など他の項目を圧倒した。

千葉県警刑事1課長が美少女フィギュア万引き(読売新聞)
【風】「住みにくい世の中になった」(産経新聞)
<詐欺容疑>近ツー元社員が7億円 大阪地検が逮捕状(毎日新聞)
帰宅困難者の避難訓練 秋葉原駅周辺、大地震を想定(産経新聞)
石川議員逮捕、一刻の猶予も許されぬと東京地検(読売新聞)

「児童」受給者は申請免除=子ども手当で-厚労省(時事通信)

 厚生労働省は18日、2010年度に支給する子ども手当の制度概要を都道府県などに示した。小学校卒業までの児童のいる世帯に支給している現行の児童手当の受給者は原則的に申請が免除されるが、その所得制限を超える世帯や中学生などの新たな対象者については、支給窓口となる市区町村に申請する必要がある。新たな対象者は、今年9月末までに申請して認定を受ければ、4月分にさかのぼって受給できる。 

<教師刺殺>卒業24年後の事件で因果関係認める…甲府地裁(毎日新聞)
<火災>ラーメン店半焼 客死亡 埼玉・越谷(毎日新聞)
被害者遺族、情報求め資料配布=発生から3年、京都精華大生殺人(時事通信)
4億記載「忘れていた」石川議員、不自然な供述(読売新聞)
那覇市職員、収賄容疑で逮捕=手抜き工事見逃し数十万円-沖縄県警(時事通信)

雑記帳 オットセイの赤ちゃんを輸送 宮城県の水族館(毎日新聞)

 岩手県宮古市は19日、田老(たろう)川河口に現れたオットセイの「タロちゃん」を約6時間かけ、宮城県松島町の「マリンピア松島水族館」に運んだ。

 タロちゃんは群れからはぐれたキタオットセイの赤ちゃんとみられ、体重約10キロ、体長約60センチ。15日に河口で見つかり、かわいらしい姿と人懐っこい仕草ですっかり地元のアイドルになっていたが、衰弱が目立ち始めていた。

 水族館の診断は「少しやせているが、餌を食べれば大丈夫」。放流を避け、しばらく水槽で静養する。「漂流する政界」とは違い、安息の地を得たタロちゃんに関係者はひと安心。【渡辺豊】

【関連ニュース】
雑記帳:水槽内は“寅”でいっぱい 宮城・松島の水族館

雪の三沢飛行場、日航機立ち往生2時間余(読売新聞)
<ハイチ大地震>国際医療救援団体、医師ら派遣(毎日新聞)
<訃報>枦勝重さん61歳=ベスト電器常務(毎日新聞)
<花粉>2月上旬~中旬ごろから飛散 量は少なめ…気象協会(毎日新聞)
内部告発のオリンパス社員敗訴=配転命令違法と認めず-東京地裁(時事通信)

小沢氏の参考人招致要求へ=志位氏(時事通信)

 共産党の志位和夫委員長は16日午後、静岡県熱海市で記者会見し、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件に関し、「小沢幹事長にかけられている疑惑は単なる政治資金収支報告書の虚偽記載にとどまらない。国会で真相を語っていただくことがどうしても必要だ」と述べ、18日召集の通常国会で小沢氏の参考人招致を求めていく方針を示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

小沢氏問題で民主激震…首相は強気? 党内に「答えるな」の指示も(産経新聞)
金魚の初市 色鮮やかな58万匹が競りに 愛知県弥富市で(毎日新聞)
火災 桑田真澄さんの父が死亡 浜松で住宅全焼(毎日新聞)
入院基本料の「適正化」、引き下げなら反対-日医(医療介護CBニュース)
小沢氏秘書 第2回公判 寄付ルート「毎年、大久保被告と打ち合わせた」 西松元総務部長が証言(産経新聞)

京都駅近くのホテル 硫化水素自殺図る? 男性が重体(産経新聞)

 16日午後0時半ごろ、京都市下京区塩小路町の「アパヴィラホテル京都駅前」で、硫化水素自殺をほのめかす置き手紙を従業員が発見、110番通報した。七条署員や京都市消防局の救急隊員が出動。7階客室内の浴室で、この部屋に宿泊していたとみられる男性が倒れているのを発見した。男性は病院に運ばれたが、意識不明の重体。

 市消防局によると、浴室には硫化水素の発生を知らせる張り紙があったという。府警は男性が自殺を図ったとみて調べている。

 現場はJR京都駅に近いホテル。チェックアウトの時間を過ぎていたため混乱はなかったが、付近は一時騒然となった。

参院選後、民主と連携も=人物本位で選挙協力-公明の山口代表(時事通信)
<消費者ホットライン>守ろうよ・みんなを…12日スタート(毎日新聞)
橋下知事、「民主党の地方分権発想、僕の考えとは違う」(産経新聞)
西日本で大雪の恐れ=低気圧急発達、日本海側暴風-気象庁(時事通信)
首相、阪神大震災追悼式に出席へ(時事通信)
プロフィール

ミスターただおもりおか

Author:ミスターただおもりおか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。