スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<石巻3人殺傷>「回避できた可能性」検証報告 宮城県警(毎日新聞)

 宮城県石巻市の民家で2月、南部美沙さん(20)ら3人が殺傷され、美沙さんの妹(18)が一時連れ去られた事件で、宮城県警は21日、「もう一歩踏み込んだ対応や措置を取ることで、最悪の事態を回避できた可能性も否定できない」とする検証結果を県議会文教警察委員会で報告した。

 事件では、妹が元交際相手の少年(18)に度々暴力を受け、警察に12回相談。警察の説得で、妹は事件当日に被害届を出す予定だった。委員会で竹内直人県警本部長は「被害者が未成年者の場合は、親族を介して被害届を提出させたり、親権者が告訴・告発できるとの説明も必要」と述べた。

 一方、仙台家裁(鈴木桂子裁判長)は21日、殺人などの非行内容で送致された少年を仙台地検に検察官送致(逆送)すると決定した。決定によると、少年は2月10日午前6時40分ごろ、美沙さんら2人を刺殺し、もう1人に重傷を負わせ、美沙さんの妹を車で連れ去ったなどとしている。

 付添人弁護士によると、少年は殺人の非行内容を認める一方、連れ去ったのは故意ではないと話しているという。

【鈴木一也、比嘉洋】

【関連ニュース】
石巻2人刺殺:17歳少年を逆送…仙台家裁決定
石巻3人殺傷:元解体工の少年らを家裁へ送致 逆送求める
宮城・石巻の2女性刺殺:17歳少年逆送、仙台家裁決定
宮城・石巻の2女性刺殺:2少年を家裁送致
石巻の2女性刺殺:2少年の観護措置、家裁が2週間延長 /宮城

中尊寺副住職、女子高生にワイセツ(スポーツ報知)
「漱石の思い出」を紹介 新宿区(産経新聞)
女性警察官に痴漢した男逮捕「手が当たっただけ」と否認(産経新聞)
井上靖の書斎、世田谷から郷里・旭川に移築へ(読売新聞)
日米、初の共同治験 医療機器承認遅れ解消狙う(産経新聞)
スポンサーサイト

<改正貸金業法>政府 6月18日の完全施行を決定(毎日新聞)

 政府は20日、借入総額を年収の3分の1に制限する「総量規制」を盛り込んだ改正貸金業法の完全施行を6月18日に実施することを閣議決定した。規制強化で借り手の資金繰りが苦しくなることも予想されるため、総量規制に抵触する場合でも、返済条件を緩和するための借り換えを認める方針も決めた。

 総量規制に抵触する借り手は全体の5割に上る見込み。新規融資が受けられなくなると、毎月の返済負担が過大になる恐れがあるため、返済期間を延ばして毎月の返済額を減らすための借り換えを例外的に認める。また、個人事業主は総量規制の対象外とする。

 同法は多重債務問題の深刻化を背景に06年12月に成立し、段階的に施行されてきた。今回の完全施行では、総量規制のほか、出資法の上限金利(年29.2%)を利息制限法と同じ年15~20%に引き下げて、グレーゾーン金利を廃止する。【中井正裕】

【関連ニュース】
改正貸金業法:「総量規制」認知は3割だけ
改正貸金業法:条件緩和策を正式決定 実効性に疑問の声も
金融庁:借り手の資金難回避策 改正貸金業法の施行で
ファイル:数字・言葉・経済 改正貸金業法緩和策を正式決定
改正貸金業法:「総量規制」認知は3割だけ--業界団体アンケ

裁判員制度1年 参加意欲は高まらず(産経新聞)
切れないナイフ、男性を釈放=銃刀法違反容疑で逮捕-警視庁(時事通信)
首長ら「日本創新党」旗揚げ=党首に山田杉並区長、参院選5議席目指す(時事通信)
「日本は反面教師」韓国ロースクール誕生1年(産経新聞)
核廃絶求め首相に署名提出=連合会長ら(時事通信)

イチゴ畑でミツバチ盗難続発=不足で価格上昇、転売目的? -頭抱える農家・静岡など(時事通信)

 静岡県など各地のイチゴ農家で、ミツバチの盗難が相次いでいる。受粉に欠かせないミツバチは供給不足で価格が上昇。頭を抱える農家からは「転売目的で盗んだのでは」との声も出ている。
 静岡特産のイチゴ「紅ほっぺ」の産地・同県伊豆の国市では3月31日夜から1日朝にかけ、6軒の農家からミツバチの巣箱10個(計6万匹)が盗まれた。「とちおとめ」で知られる栃木県でも6日から7日にかけ、那須烏山市で約1万匹が盗まれた。栃木県警によると、今年はほかに5件の盗難被害があった。京都府でも今年に入り、綾部市や亀岡市などで盗難が続いた。
 イチゴの栽培では、受粉させるため花粉を運ぶミツバチが不可欠。伊豆の国市でミツバチを盗まれたイチゴ農家の60代男性は「ミツバチがないと形が悪くなり、売り物にならない」と嘆く。別の農家の女性(83)は「58年農業をやっているが、ミツバチを盗まれたのは初めて」と驚きを隠さない。
 農水省によると、ミツバチは感染病のため2007年に輸入が停止され価格が上昇。輸入は昨年再開されたが、冷夏や長雨などの影響で繁殖量は伸び悩んでいる。 

【関連ニュース】
【特集】昆虫記者のなるほど探訪
〔写真特集〕ミクロの世界
花粉症根治薬、8年後にも実用化=鳥居薬品と共同研究開始
花びらが多いシクラメン=遺伝子操作で開発
花粉、例年並みか少なめ=日照不足や低温影響

ナイキのPRODUCT(RED)知ってますか?
<海洋土木業者>政治団体が公益法人と一体化か 会計を兼務(毎日新聞)
<武雄市長選>樋渡氏が3選 佐賀(毎日新聞)
ドタキャンの元朝青龍関らを提訴 1500万円賠償へ(産経新聞)
首相「腹案」に痛烈な「ノー」…徳之島(読売新聞)

サル逃げた東山動物園改修「元気な姿見に来て」(読売新聞)

 東山動物園(名古屋市千種区)は8日、昨年10月の引っ越し作業中にサルが逃げ出した新ニホンザル舎の改修が完了し、13日から一般公開を始めると発表した。

 一般公開は当初、昨年10月の予定だったが、引っ越し時に雌のサル1匹が新獣舎内の擬木(6メートル)から4メートル離れた塀(高さ4メートル)を越えて外に飛び出すトラブルが発生し、逃げたサルは5日後に見つかった。

 今回の改修では、サルが逃げるのを防ぐため、塀を1・5~2メートル高くしたほか、鉄塔から飛び出すときに踏み切りにくいよう、塔の表面に突起を施すなどした。

 同園の大島正昭・指導衛生係長は「大変お待たせをしました。広い運動場で元気に動き回るサルを、ぜひ見に来てください」と呼びかけた。

23歳下の男性にストーカー容疑、63歳女逮捕(読売新聞)
雑記帳 宮本亜門さん、神奈川芸術劇場の初代芸術監督に(毎日新聞)
<普天間移設>県外移設の検討 平野長官も明言(毎日新聞)
【新・関西笑談】喜びを力に、共に生きよう(4)(産経新聞)
政府・民主首脳会議、参院選・会期延長テーマに(読売新聞)

「会員の声聞く医師会に」原中新会長が所信表明(医療介護CBニュース)

 4月1日の会長選で初当選した日本医師会の原中勝征会長は2日、日医の定例代議員会での所信表明演説で、「今までわたしたちは、決定されたことへの反論しかできなかったが、これではいつまでたってもわたしたちの意見は反映されない」と述べ、今後は国の施策が固まり切らない段階で日医の意見を反映させる方針を示した。原中氏はまた、「日医は一般会員の声が確かに届かなくなっている。今後は会員一人ひとりで構成されているという原点に戻り、会員の声を大切に聞く医師会にしないといけない」とも語った。

 所信表明演説で原中氏は、日医の役割について「県や郡市区医師会によるすべての動きを勘案し、現実に先生方の医療活動を保障できる団体にならなければいけない」などと強調。その上で、こうした仕組みを実現するため、日医として政府との交渉などを担う方針を示した。

 代議員会では、医師による医療行為の一部を担う「特定看護師」の法制化に関する質問があり、原中氏は「アメリカナイズされた医療を日本に持ち込もうとする勢力がある。民主党の担当議員、厚生労働省の担当者と大至急話し合い、阻止したい」と答えた。
 羽生田俊副会長は、現行の保健師助産師看護師法の枠内でどのような医療行為を行えるのかを、まずは整理すべきだとの考えを示した。

 原中氏はまた、「保険料の事業者による負担は世界で一番低い」と述べ、医療費の財源を確保するため、事業者負担の見直しを国民にアピールする考えを表明。2年後の診療報酬改定で医療費を引き上げるよう提言する方針も示した。


【関連記事】
“脱キャビネット選挙”の執行部誕生、問われるかじ取り
度重なる議事中断、緊張感漂った日医会長選-ドキュメント
副会長は中川、横倉、羽生田の3氏ー日医役員改選
政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利
日医会長選、3候補が岡山で政策演説会

<高校無償化法案>自民党2議員が賛成 「間違えた」と釈明(毎日新聞)
234万回分、使用期限切れ=余剰ワクチン廃棄へ-新型インフル・厚労省(時事通信)
共有ソフトで洋画配信=62歳男逮捕、監視システムで初-京都府警(時事通信)
長官銃撃、「一種の冤罪」=警視庁を批判-アレフ(時事通信)
地元の了解なしに移設進めぬ=普天間で鳩山首相(時事通信)

「お役所仕事」?実はケーキです 伯耆町(産経新聞)

 大山(鳥取県)のふもとに堆積(たいせき)した黒い土の層「黒ぼく」をイメージしたロールケーキを、同県伯耆町と、地元有志や主婦グループなどでつくる町黒ぼくリゾート大山高原協議会が共同開発し、29日、米子市役所でお披露目された。町の主導で取り組んだ経緯から「お役所仕事」の商品名で4月17日から地元スーパーなどで限定販売する。

 ロールケーキは長さ11センチ、直径8センチ。大山ロイヤルホテルの宇薄勝彦料理長や主婦グループらがレシピに協力し、地元産の米粉と竹炭で黒くしたスポンジに、生クリームと地元産のカボチャでつくったムースを巻き込んだ。カボチャの黄色で町の花、菜の花を表し、黒と黄色のコントラストが目を引く。

 価格は「役場(やくば)」の語呂合わせで898円。パッケージには「役所の作ったロールケーキ」と書き、大山の写真とともに町を紹介を添えている。

 問い合わせは同町地域戦略課(電)0859・68・4212)。

【関連記事】
広島・宮島で「こども神楽祭り」
“幻の魚”リュウグウノツカイに驚き 萩博物館で公開
宮島で清盛まつり 厳島神社への武者行列再現
アンズの里で花が満開 広島県福山市
花見の準備着々 千光寺や後楽園
あれから、15年 地下鉄サリン事件

首相動静(3月26日)(時事通信)
「登戸研究所」資料館開館へ=現存建物活用、明大キャンパスに-川崎(時事通信)
<核寄港密約>「米公文書2件裏づけ」共産・不破氏指摘(毎日新聞)
ミクシィに「ブッ殺します」宅八郎氏、起訴猶予(読売新聞)
強風 交通機関乱れる、30万人の足直撃 関東地方(毎日新聞)
プロフィール

ミスターただおもりおか

Author:ミスターただおもりおか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。